世界の香水レビュー

Amazon楽天で気軽に購入できる香水、フェロモン香水、ボディミスト、消臭ケア、その他すべての香りグッズをご紹介する香りと匂いの総合サイト

香水の基礎知識

「調香師」という名の由来

投稿日:

香りを作る専門家を「調香師」と呼びます。

今では当たり前となった「調香師」という日本語、一体どこから来たのでしょうか?

海外では、香りを作る人をパヒューマー、コンパウンダーと呼び、もとはこれらをそのまま使っていたようです。


 

<パヒューマー>
香りの創作、調香をする人。

<コンパウンダー>
コンパウンドとは、「調合された香料」のことを差し、コンパウンダーとは、調香そのものというよりは、パフューマ―が作った処方どおりに香りを調合する人をいう。


 

日本では、調香研究者、調香技術者、調香家などと呼ばれていたそうですが、どこかかた苦しさを感じます。

しかし、香り制作デザイナー、香りのスペシャリスト、香り職人・・・これだとどこかふわっとしてしまう。

テレビ番組で決まった「調香師」

昔、あるテレビ番組でパヒューマーを紹介する際に、呼び名で迷ったようです。

パヒューマーは格好良くておしゃれですが、当時一般的に知られておらず、パッと聞いても視聴者は何のことか分かりません。

 

そこで、番組プロデューサーは考えました。

「調香の先生だから調香師でどうですか」

そのひとことから、「調香師」という呼び名が決まったそうです。

 

香りと音楽の表現はどこか似ていて、言葉で表現しづらい世界でもあります。

ピアノの音を正確に調律する職人を「調律師」と呼びます。
なので、香りを正確に調合し、香りの美しいハーモニーを作る職人を「調香師」と呼ぶのは素晴らしく的確。スッと頭に入ってきて、しかも短く覚えやすい。

パヒューマーにも勝るとも劣らない格好良い呼び名が、テレビ番組のプロデューサーのひらめきだったとは、驚きですね。

参考「香水」堅田 道久著

 

調香師は香具師と似ている?

ちなみに、そのプロデューサーは「調香師」は「香具師」と間違えられそうだと心配していたようです。

香具師(やし)とは、縁日や祭礼などで見世物を披露したり、露店を出店したりする人のこと。

江戸時代には香具師(こうぐし)と呼ばれ、曲芸で客寄せをして薬や香具を売った人のことを言います。薬師(やし)という薬売りにも由来しています。

また「香具師」は、2ちゃんねるでも一時期流行った言葉で、ヤツ(奴)を、見た目に似ている「ヤシ」と書いた人が誤変換して出てきた言葉なんだとか。

いつの時代も、日本の言葉遊びって面白いですね(笑)

-香水の基礎知識

執筆者:

関連記事

やはり唯一無二の香りは本人の体臭です

どんな素晴らしい香水をつけても、それは結局のところ飾りでしかないー 最近は、無臭が良しとされ「体臭は消すもの」という 考えが一般化してしまいました。 体臭をキレイに消してから、香水や柔軟剤の香りをまと …

夏は汗をかくので香水つけないのもありです

夏の香水、どうしてますか? つけるなら、やはり柑橘系のさっぱりした香りが良いですよね。 おすすめの香水は、無難ですが ・ロクシタンヴァーベナ ・パシャ ・シャルパンティエ(グレープフルーツ) ・シャネ …

香水つけたてのツンとくるアルコール臭はトップノートではない!

今さら聞けない!香水の基礎知識。 口コミを見ていると、よくこういう意見をみかけます。 △最初スプレーしたら、なんかアルコールくさい?という印象 △ツンとアルコールのにおいが鼻にくる △トップのアルコー …

トップは今この瞬間、ミドルは人生の絶頂、ラストは長い時を経て得るもの

香水の知識で代表的なのは、 時間と共に変化する、ノートの変化の説明です。 トップは「つけたて~10分」でミドルは「30分~1時間」とか。 しかし、 香りの変化がきちんと感じられる香水ならまだしも・・・ …

香水「パフューム」小説で読むにおいと香りの深淵

先日放送されたアメトーーク「読書芸人」第2弾を見ていたら・・・ ピース又吉さんがチョイスした「おすすめの10冊」の中に、パトリック ジュースキントの「香水-ある人殺しの物語」が入っていました。(番組で …






素敵な香水や香りのグッズ、使える消臭系グッズなど、香りと匂いをワンランク上にするためのブログです。良い香りに包まれて「しあわせ♡」という気持ちを毎日1秒でも多く味わいたい!

世界の香水レビューの運営ポリシー&お問合せ
にほんブログ村 ファッションブログ 香水・フレグランスへ

失敗しない香水のつけ方3か条

1.つけすぎない!
2.こすらない
3.胸より下につけると良い感じ