世界の香水レビュー

Amazon楽天で気軽に購入できる香水、フェロモン香水、ボディミスト、消臭ケア、その他すべての香りグッズをご紹介する香りと匂いの総合サイト

豆知識

芳気法?身体から良い香りを発する古代中国の丸薬

投稿日:

楊貴妃に始まり、中国では美人の条件として「良い匂いを放つ」ことが
とても重要視されたようです。

確かに、美人って良い匂いのイメージがありますね。
できれば「自然な体臭がかぐわしい」というのが理想です。

楊貴妃は体臭と共に様々な芳香物質を用いていましたが、
中国四大美女の一人である西施(せいし)という美女は、
身体から自然な芳香を発していたとか。(うらやましい!)

さすがに普通の人は、自然にそこまで良い香りを放つというのは難しいので、
良い香りになるための薬を用いていたようです。

身体から良い香りを放つ「芳気法(芳気方)」

それが、隋・唐の時代にあった「芳気法」という美容術。
芳香のある材料を練り合わせ、丸薬にして服薬するのだそうです。

材料はこれ↓

・丁子(ちょうじ)
・麝香(じゃこう)
・零陵香(れいりょうこう)
・甘松香(かんしょうこう)
・桂皮(けいひ)

(諸説あるようです)

この薬を毎日12粒服用すると・・・

この薬を毎日飲むと・・・

3日目には → 口の中から芳香を放つ

5日目には → 身体から香気が発する

10日目には → 着ている服に香りが移る

20日目には → 風下にいる人が香りを感じる

25日目には → 手や顔を洗った水が香る

1ヵ月後には → 抱いた赤ちゃんに香りが移る

そうです。

これは、すごいですね!

そりゃーこれだけ強い香料をたくさん服用したら、
身体から良い匂いも出てくることでしょう。

でも、これって本当に良い香りなのかな?謎です(笑)

いつの時代も、人は良い香りになるために努力するのですね。
西施さん、一体どんな香りだったのでしょう。気になります。

どこかの研究で、美人の香りは、
「コットンと白い花のような匂い」という結果があったような・・・

-豆知識
-,

執筆者:

関連記事

味と匂いの関係。おいしい味のほとんどは匂いで決まる

味は味覚で感じるものだと思いがち。 ですが、実はそのほとんどは「匂い」で決まります。 面白い実験があります。 様々な味(フレーバー)がついているジェリービーンズを 目を閉じ鼻をつまんで食べて、何味か当 …

デスクアロマ。香りと見た目で癒されるアロマグッズ

疲れた時やほっとしたい時、精油の香りでリラックスするのが最適です。 アロマディフューザーを使うと、おしゃれに香りを楽しめますが、 セットや手入れが面倒だったりします。 そんな時は、ティッシュに数滴垂ら …

トップは今この瞬間、ミドルは人生の絶頂、ラストは長い時を経て得るもの

香水の知識で代表的なのは、 時間と共に変化する、ノートの変化の説明です。 トップは「つけたて~10分」でミドルは「30分~1時間」とか。 しかし、 香りの変化がきちんと感じられる香水ならまだしも・・・ …

余った香水の活用法。普通のトイレットペーパーを高級香りつきに!

香水好きは、つい何本も買ってしまうために 使い切れないボトルがあまってしまいがちです。 わりと好きな香りでも、使い切れることは少ないです。 ですが、捨てるほどでもない。 できればなんとかして活用したい …

アロマの精油の選び方

アロマセラピーの精油、どんな風に選んでますか? アロマの勉強をすると、精油が持つ色々な「効能」を学びます。 ※ラベンダーはリラックス、ローズマリーは集中力を高めるなど。 知識はもちろん大切ですが、ある …






素敵な香水や香りのグッズ、使える消臭系グッズなど、香りと匂いをワンランク上にするためのブログです。良い香りに包まれて「しあわせ♡」という気持ちを毎日1秒でも多く味わいたい!

世界の香水レビューの運営ポリシー&お問合せ
にほんブログ村 ファッションブログ 香水・フレグランスへ

失敗しない香水のつけ方3か条

1.つけすぎない!
2.こすらない
3.胸より下につけると良い感じ