世界の香水レビュー

Amazon楽天で気軽に購入できる香水、フェロモン香水、ボディミスト、消臭ケア、その他すべての香りグッズをご紹介する香りと匂いの総合サイト

香水の基礎知識

香水つけたてのツンとくるアルコール臭はトップノートではない!

投稿日:

今さら聞けない!香水の基礎知識。

口コミを見ていると、よくこういう意見をみかけます。

△最初スプレーしたら、なんかアルコールくさい?という印象
△ツンとアルコールのにおいが鼻にくる
△トップのアルコールの香りが苦手です

・・・これらのご意見、もっともです。

が、しかし!

その匂い、「トップノート」ではありません!

トップノートとは、アルコールが蒸発した「あと」に広がる
香水としての最初の香りのこと。

香水は、香料の香りを広げるために、
揮発性の高いエタノールを使用しています。

香水をつけると、まず最初にエタノールがブワーっと飛びます。

この時に急いで香りをかいでしまうと、
キツすぎてむせてしまうので注意が必要なのです。

では、ちゃんとトップをかぐにはどうすればいいのでしょうか?

デパートの店員さんに見習う、香水のつけ方

良いお手本となるのが、デパートの香水売り場の店員さんです。

店員さんにお願いすると、香水をムエット(香りを試す紙)につけてくれます。

ですが、
すぐには渡してくれません。

パタパタと軽くふったりして、最低30秒はじらしてくれます(笑)

手首などにつけてくれる時も、
手で軽くあおいだりしてくれます。

これは、きれいなトップノートを伝えるための計らいです。

つけた直後は、ガマンの時。

スプレーした直後、すぐに匂いを確かめたい気持ちは
すごく良く分かりますが、つけたてはとにかく「我慢」です。

香水は、つけてから30秒~1分待ったあと、
心ゆくまで香りを楽しみましょう♪

-香水の基礎知識
-

執筆者:

関連記事

香水は英語とフランス語で何という?

香水にはさまざまな呼び名があります。 パルファン オードトワレ コロン パヒューム フレグランス 私も以前はどれが何のことかイマイチよく分かりませんでした。 香水の呼び方は、英語とフランス語が入り混じ …

「調香師」という名の由来

香りを作る専門家を「調香師」と呼びます。 今では当たり前となった「調香師」という日本語、一体どこから来たのでしょうか? 海外では、香りを作る人をパヒューマー、コンパウンダーと呼び、もとはこれらをそのま …

塗香(ずこう)香りを塗ってけがれを除く粉!

面白い香りグッズないかなーと思って探していたら、 何だか不思議なパウダー状のお香を見つけました。 その名は「塗香」 「ぬりこう」かと思ったのですが、「ずこう」と読むようです。 覚書として書いておきます …

香水EDC・EDT・EDPの違いを分りやすく解説!

香水には「EDT」「EDP」という英語が書かれていますよね。 これらの違いを知っておくと、香水選びが楽になります。 今回は、EDC・EDT・EDPの違いを 分かりやすく解説してみたいと思います。 ED …

夏は汗をかくので香水つけないのもありです

夏の香水、どうしてますか? つけるなら、やはり柑橘系のさっぱりした香りが良いですよね。 おすすめの香水は、無難ですが ・ロクシタンヴァーベナ ・パシャ ・シャルパンティエ(グレープフルーツ) ・シャネ …



素敵な香水や香りのグッズ、使える消臭系グッズなど、香りと匂いをワンランク上にするためのブログです。良い香りに包まれて「しあわせ♡」という気持ちを毎日1秒でも多く味わいたい!

世界の香水レビューの運営ポリシー
にほんブログ村 ファッションブログ 香水・フレグランスへ

失敗しない香水のつけ方3か条

1.つけすぎない!
2.こすらない
3.胸より下につけると良い感じ