世界の香水レビュー

Amazon楽天で気軽に購入できる香水、フェロモン香水、ボディミスト、消臭ケア、その他すべての香りグッズをご紹介する香りと匂いの総合サイト

香水の基礎知識 香水の小ワザ

夏は汗をかくので香水つけないのもありです

投稿日:

夏の香水、どうしてますか?
つけるなら、やはり柑橘系のさっぱりした香りが良いですよね。

おすすめの香水は、無難ですが

ロクシタンヴァーベナ
・パシャ
シャルパンティエ(グレープフルーツ)
シャネルクリスタルオーヴェルト

などです。

とくにシャネルは苦味のあるシトラスがおしゃれで本当に好き。

しかし、今回はちょっと趣を変えて、「夏真っ盛りには香水つけなくてもいいんじゃない?」というお話です。

湿度の高い夏と香水

459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_s

日本の夏はとにかく湿気が多く蒸し暑くて、汗もかくしで香水も意図したように香りません。まして人が集まる場所は色んな人の汗のニオイと混じって大変なことになってしまいます。

夏場に他人がつけている香水で「良い匂い」って思ったこと、ありますか?
だいたい「もわっ」として不快な匂いになってしまいますよね。

それは自分も例外ではありません。

夏場の香水のつけ方として足首につけるとか、専用のハンカチにつけるとかはありますが、夏場に香水を上手くつけるのは本当に難しいのです。

海外のカラッとした暑さなら大丈夫かもしれませんが、日本の夏(猛暑の真夏)は、香水をつけるのは諦めた方が早いと思ってます。

何もつけない!

それなら、いっそのこと「夏は何もつけない」という選択はいかがでしょうか。それこそボディミストや制汗剤さえも。(最初はちょっと勇気がいりますが)

もちろん、マメにシャワー浴びたり、汗をかいたら着替えたりしたいところですが、もう汗をかいてちょっとくらい匂いがしちゃってもいいじゃんという感じです。汗くささと制汗剤の匂いが混ざるより、純粋な(?)汗の匂いの方がマシなのではないかと思います。

最近は、何かと問題視され「消臭せよ」と叫ばれる「体臭」ですが、意外と体臭って大事なんです。好きな人の体の匂いなら、むしろ良い匂いと感じるほどのものですよ。(女性は匂いで相手の男性との遺伝子の相性を嗅ぎ分けているという説もあり)

汗をかいたとしても「ちょっと汗かいちゃって・・・ごめんね」とかちょっと照れながら言われたら、かえってドキッとしちゃいます。意外とときめきアップです(笑)

というわけで、香水は、涼しい秋になってから思いっきり楽しむことにします。
たまにはナチュラルな自分の匂いでいきましょう!

-香水の基礎知識, 香水の小ワザ
-,

執筆者:

関連記事

塗香(ずこう)香りを塗ってけがれを除く粉!

面白い香りグッズないかなーと思って探していたら、 何だか不思議なパウダー状のお香を見つけました。 その名は「塗香」 「ぬりこう」かと思ったのですが、「ずこう」と読むようです。 覚書として書いておきます …

トップは今この瞬間、ミドルは人生の絶頂、ラストは長い時を経て得るもの

香水の知識で代表的なのは、 時間と共に変化する、ノートの変化の説明です。 トップは「つけたて~10分」でミドルは「30分~1時間」とか。 しかし、 香りの変化がきちんと感じられる香水ならまだしも・・・ …

モテる女性が香水をつける意外な場所

モテる女性は、香水を「ある場所」につけるそうです。 それは・・・ なんと、「爪の裏」!! 爪の裏からほのかに香りが伝わる デートの時に、さりげなく爪の裏側に香水をつけておくと、 彼と手をつないだとき、 …

香水は英語とフランス語で何という?

香水にはさまざまな呼び名があります。 パルファン オードトワレ コロン パヒューム フレグランス 私も以前はどれが何のことかイマイチよく分かりませんでした。 香水の呼び方は、英語とフランス語が入り混じ …

「調香師」という名の由来

香りを作る専門家を「調香師」と呼びます。 今では当たり前となった「調香師」という日本語、一体どこから来たのでしょうか? 海外では、香りを作る人をパヒューマー、コンパウンダーと呼び、もとはこれらをそのま …






素敵な香水や香りのグッズ、使える消臭系グッズなど、香りと匂いをワンランク上にするためのブログです。良い香りに包まれて「しあわせ♡」という気持ちを毎日1秒でも多く味わいたい!

世界の香水レビューの運営ポリシー&お問合せ
にほんブログ村 ファッションブログ 香水・フレグランスへ

失敗しない香水のつけ方3か条

1.つけすぎない!
2.こすらない
3.胸より下につけると良い感じ